シロアリ調査で大事な家を守ろう!被害の拡大を防ぐ

作業員

家の中には小さな侵入者が多い

家の中が清潔に見えていても、気づかないうちに様々な害虫がうごめいていることがあります。家の中には、害虫の餌となるものがたくさんあるうえ、人間に快適な環境は、害虫にも住みよい環境であるからです。排水溝から出てくるほか、埃やごみと一緒に飛んできたり、ペットに寄生して侵入してくるなど、様々な経路で家の中に入ってきます。肉眼では見えない虫も多いのです。

散布機

そのままにすると様々な害が発生する

シロアリは、気づかないからといって放置しておくと、家屋だけでなく健康にも様々な害が発生します。家具を食い尽くしボロボロにしたり、柱を食べて耐震性を弱めたりするのです。また、シロアリ以外にもアレルギーを引き起こす原因となる虫も潜んでいることもあります。そのため、被害が大きくなる前にしっかりと駆除し、繁殖させないようにすることが大切です。シロアリ被害のサインを見つけたら、業者に調査を依頼し、駆除してもらうのが賢明です。

男性

害虫の種類によっては複数の棲家を持つ

害虫の中には、一か所ではなく複数の棲家を持つ虫もいるため、駆除する時はそれぞれの特性を知ったうえで、適切な駆除方法を行う必要があります。例えば、シロアリは好物とする木材のある場所を棲家としますが、土の中にも棲家があります。そのため、駆除するとともに、再び侵入させないように忌避することも大事になります。

[PR]
ダニ駆除なら専門業者に頼むべし!
対応価格がリーズナブル♪

調査依頼が多くされる害虫ランキング

散布機
no.1

被害が深刻なシロアリ

シロアリは、最悪の場合家が崩壊することもあるため、調査依頼の最も多い害虫です。床下に入り、被害状況を調査します。

no.2

見えないので分かり辛いダニ

ダニは激しい痒みがあって、初めて存在を確認できます。糞や死骸はアレルギーの原因にもなるため、専門業者にダニ駆除してもらいましょう。

no.3

見た目も恐ろしいムカデ

ムカデは、つがいで行動すると言われており、1匹いたら必ずパートナーも住み着いています。刺されると腫れるだけでなく、高熱が出る場合もあります。

no.4

夏に活発になるゴキブリ

市販のスプレーなどで自分で駆除することもできますが、巣ごと根絶やしにするには、プロの技術に任せるのが一番です。

no.5

被害が増えている南京虫

南京虫とは、壁紙の裂け目やベッドやタンスの隙間、畳の継ぎ目などに生息する、吸血性の害虫です。最近被害が増えています。

害虫の特徴を知るメリット

このように、人間にとって良くない虫はたくさんいます。しかし、それぞれの害虫の特徴を知れば、適切な駆除の方法がわかることでしょう。

比較して分かる!害虫が引き起こす問題

家の耐久性の問題

家にまで影響を与えるのが、シロアリです。特に木造住宅の場合は、知らぬ間にシロアリに食べられて柱などがスカスカになっていることもあります。耐久性の心配に発展する前に調査や予防をしておくべきです。

健康被害の問題

ダニやノミなどは、人間の体にまで被害を与えます。痒みはもちろん、アレルギー体質の人はアレルギーの症状がでたり、喘息を引き起こすこともあります。

巣ごと撃退してくれるプロの力

家や身体にまで被害を与える害虫は、しっかり駆除をすべきです。しかし、目の前いる虫だけを退治するのでは解決しません。被害を与えている害虫だけでなく、巣もろとも撃退する必要があるため、プロを頼るといいでしょう。

業者が行ってくれる様々な駆除活動

ハト

鳩の駆除は業者に任せる

鳩は帰巣本能の強い生き物であるため、一度棲家にすると駆除するのは難しくなります。ノウハウを知った業者に依頼すると安心です。

詳細を読む
いたち

イタチの駆除や消毒も可能

イタチは害獣の中でも糞尿の臭いがきつい動物ですが、業者に駆除を依頼すると、駆除だけでなく消毒も行ってくれます。ですから、早急に依頼するようにしましょう。

詳細を読む

[PR]
シロアリ調査を専門家に頼もう
人気の高い業者を要チェック!